2017年06月12日

なんでもない数分間

気温は低めだが、よく晴れていて日差しが暖かい。公園のベンチに座り、疲れ気味の目を閉じて、しばし音だけを聞いてみた。

鳥は鳴いていない。樹々の「サワサワ」という音は、風に合わせて大きくなったり小さくなったりしている。少し離れた交通量の多い道路からは「ゴォ〜」という音がほぼ一定に響いている。遠くに消防車のサイレン。サイレンの違いを意識的に把握しているわけではないが、救急車でもパトカーでもなく消防車だということはわかる。

数分経って、目を開ける。

この瞬間の景色の見え方がわりと好きだ。目を閉じている間に、本当は景色なんてないんじゃないという気になるが、やはりある。開けたばかりの目では、光の調整が狂って新鮮な見え方になることもある。今日はよく晴れていて、瞼にもよく光が当たっていたせいか、本来は眩しいぐらいの青空が暗めに調整され、80年代の商業写真のような、色の濃い感じが10秒ほど続いた。

さあ、立ち上がろう。そして行こう。ヤマダ電機へ。
posted by オオタ at 21:18 | 雑文 | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

ドア

ドア.jpg

きっと開けられないようになってるんだろうけど、何かの間違いで開けてしまったら怖いだろうな。
posted by オオタ at 10:05 | 写真 | 更新情報をチェックする

古風な喫茶店

古風な喫茶店2.jpg

古風かつ独特の雰囲気がある喫茶店。入りにくそうだけど興味深い。シャンデリアの灯りがついておらず、この日はお休みのようだった。
posted by オオタ at 00:22 | 写真 | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

すっきり

子供の頃に長く住んでいた家(団地型の社宅)の跡地が、最近、さらに区画割りされて真新しい住宅地になった。実際に見に行ったわけではないが、ストリートビューで見るとピカピカの家が立ち並んでおり、もう、自分がどの地点に住んでいたのかもよくわからない。

感傷はほとんどなく、むしろすっきりした。少なくとも、社宅だった建物が廃墟として残っていた頃よりも、爽やかな気分だ。

自分が住んでいた建物の廃墟を目の当たりにすると、なんらかの怨念がそこに残っているような気がして、モヤっとするもので…。
posted by オオタ at 20:32 | 雑文 | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

ジャングルジム

ジャングルジム.jpg

100円ショップで「200円商品」というものを選んで、1ミリぐらい裕福な気分になった。
posted by オオタ at 23:40 | 写真 | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

yumbo と The Wisely Brothers

最近アルバムを買った yumbo というバンドに、じわじわとやられている。「これはとんでもなく素晴らしいんじゃないか? 個人的にはベルベットアンダーグラウンドやビョーク以来の孤高を感じるぞ」と、そこまで思わされている。しかし、客観的に聴くとかなり地味なので、誰かに面と向かって勧めるのは自粛していたりする。このブログは特定の誰かに向けたものではないので、YouTubeで聴けるライブテイクを貼っておこう(アルバムの録音のほうがずっと良いんだけど)。



下記のリンク先に、僕が買ったアルバム『鬼火』の説明と、販売サイトへのリンクがある。
『これが現実だ』から5年9ヵ月、yumboのニューアルバム『鬼火』がついに完成! - ニュース - OTOTOY


そう言えば「ここで音楽を勧めるのはキリがないからやめよう」と思っていたんだけど、その禁を破ってしまったついでにもう1つだけ、最近一番好きなバンド、The Wisely Brothers の代表曲も貼っておこう。歌や曲はもちろん、アンサンブルも、ギターの音も、スマートに動くベースラインも、メリハリのあるドラムも全部好き。


posted by オオタ at 22:36 | 未分類 | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

シャッターとバス停

シャッターとバス停2.jpg

変なものを撮っているときはいつも、人目が気になって少し恥ずかしいんだけど、このときは普通に「空き物件を記録している人」に見えたかなと思う。
posted by オオタ at 18:35 | 写真 | 更新情報をチェックする