2017年06月13日

大谷地の「釣橋」

場所は札幌市厚別区大谷地東2丁目。まあ、札幌市民でも8割以上の人にはピンと来ない場所だろう。特に何もないからだ。



つりばし.jpg

ここにあるこの小さな橋は、写真を見てわかる通り「つりばし」という名前。このプレートはひらがなだが、近くの看板には「釣橋」とある。通りかかって、これを見たときは「変な名前だな」と思って写真を撮ったわけだけど、人に見せるほど面白いわけでもないので、そのまま忘れかけていた。

しかしある日、目的もなく「今昔マップ」を見ていたら、1916年の地図と1935年の地図で、このすぐ近くに「釣橋」という小さな集落らしきものがあるのを見つけた。なるほど、昔の地名だったのか。

古地図.jpg

札幌は歴史が浅いので謎が少ない。また、開拓当時の地名が単なる呼称となって、実際の住所表記には使われていなかったり、古い地名がまるっきり忘れられている場所も多い。そのせいか、こういう地味で小さな発見も少し嬉しかったりする。

また、検索してみると、地図だけでは知り得ない、充実した情報が載っているブログがあった。

厚別大谷地東の「釣橋」 : 札幌うぉーく点描

どうやら「釣橋」という地名は、この小さな橋のほか、バス停の名前として現在も残っているらしい。
posted by オオタ at 21:35 | 雑文 | 更新情報をチェックする