2017年05月06日

白樺

花粉症で目が腫れており、気休めとして数時間おきに市販の目薬を差している。「札幌辺りには全く杉の木がないだろう(函館辺りが北限)」と言う人もいるかも知れないが、ここで育つと白樺が花粉症を引き起こすのだ。そんな白樺は、近所によく生えているどころか、窓からも少し見える。

それでも嫌いになれないのが白樺だ。まあ、症状がさほど深刻じゃないから言えるのかも知れないが、「幹が白い」というだけで品があるような気がするし、爽やかなあの白樺の樹が、花粉症の不快感となかなか結びつかない。

なんだか、悪いことをしながらルックスで得してる人みたいな、そんな感じだな、白樺ってやつは。
posted by オオタ at 02:48 | 雑文 | 更新情報をチェックする